網膜剥離からの回復日記

40歳目前にして網膜剥離に罹患した、とある開業医の独り言

またしても主治医の転勤

先日の定期検診も無事クリア。

 

術後約1年。

そういえば飛蚊症はほぼ気にならなくなったし

(手術直後は砂嵐&もうちょいたったら墨汁が眼前をうろうろしてた)

縦のラインは多少歪んで見えるけれども、対側からの情報で十分に補えるレベル。

 

ときどき目の前がぼやけるような感じがあって

(メガネの汚れかなと思ってあわてて拭いても改善しないことも多々あり焦る)

雨の日は眼球の違和感がやっぱりとれない。

 

それはもう仕方のないことで覚悟をしていたことなので

これからも目を護りいたわりながらこの身体とつきあっていくしかないし

クヨクヨ悩んだらもったいない、人生は決して長くないのだ。

 

経過が順調なのはとても嬉しいいっぽう、

またしても主治医が転勤というバッドニュース。。。

大学病院の宿命とはいえ、せっかく慣れた頃だったし、

すごく穏やかで話しやすい先生だったから残念だなー。

 

でも、私のお世話になっている病院の眼科は

びっくりするくらい素敵なスタッフと先生たちばかりなので

次の先生にも勝手に熱烈に期待しております。

 

もう少ししたら、執刀してくれた元祖主治医先生が大学に戻ってくるという

ちょっと嬉しい情報もうかがえたので、まぁ良しとしよう。

 

次回、担当医未定のまま3か月後に予約を入れていただいた。

 

ちなみに、検診日はとてもよく晴れた気持ちの良い日。。。そう、言いかえれば太陽がギラギラ眩しい日。

にもかかわらずサングラスを忘れた私・・・

 

文字通り刺すような日差しの中、散瞳して当社比200%の眩しさと格闘しながら

自宅までのんびり歩いて帰宅。

 

昔だったら絶対、楽してタクシー乗って帰っちゃってたから

ずいぶん勇気が出たんだし、健康になったんだなーと思う。

 

ちなみに、今日は久しぶりにパソコンからの更新。

すごい楽。

やっぱりキーボードって楽だなー。

 

帯電人間のわたくし、言うまでもなくスマホとは相性がとことん悪く

タッチしてないのにパネルが完治(→違うよ、感知!すんごい誤字だなこれ)して誤作動するのが日常茶飯事なのですよ。

 

もう少し、右側のメニューも使いこなしたいものです・・・。

 

 

もうすぐ一年

網膜剥離を発症してから、もうすぐ丸一年。

昨年の冬あたりからは

自分が比較的大きな病気をしたってことをあまり意識しなくなってきている。

街を歩く時に護ってくれていた杖とも今は離れることができて

スポーツも習い事も再開した。

視力も矯正かければ日常生活にはなんら問題もない。

疲れたときや天候の悪いときに

術側の視野がなんとなく暗く感じたり

眼球のまわりにほんの少しだけ違和感があったり

小さな変化はないわけではないし

再発の不安は、全くないと言ったら嘘になるけれど

でもそれはそれ。

割り切るのは得意なほうだと思っていた。

それなのに。

昨日、家の近くを走っていたとき、本当に急にフラッシュバックみたいに

昔の自分と

入院してた暗澹たる気持ちの自分と

本当に治るのかなって泣いてた自分が

全部ごちゃまぜになって脳裏に浮かんできた。

なにも悩まず

ただひたすらランニングを楽しんでいた自分、仕事にも遊びにもいつも全力投球だった自分を思い出し

寂しいような悔しいような気持ちになった。

やっぱり揺れ戻りは時々あるんだな。

そうはいっても、今の私には夢も希望もたくさんあるから

後ろばかりを向いててはもったいない。

医者になりたてのころ、大先輩がおっしゃっていた言葉を思い出す。

患者さんがなにか希望を見つけたときは

一緒に喜んで応援してやりなさい。

希望はひとが回復していく一番の原動力なのだから。

20代の若くて傲慢で健康そのものだった当時のわたしには、正直あまり響く言葉じゃなかったけれど

今はかなりずしんと重みを感じる。

うん、大事。希望は本当に大事。

私が嗜んでるのがマイナースポーツなので

身元バレのため詳細は伏せるけれども

一度離れていた競技に、もう一度戻りたいな。

そんな希望に、なぜだか急に火が灯ったんだ。

こう思えるようになるのに一年かかった。

長い長い一年だったな。

でも

今からでも遅くない。そう信じて。

フラワーマーケット

今週のお題「植物大好き」

f:id:retinaldetachment2015:20160513235809j:plain

f:id:retinaldetachment2015:20160514000344j:plain f:id:retinaldetachment2015:20160514000428j:plain ある街の花市場。
なにかに疲れたとき、ふとここを訪れたくなる。

色とりどりに咲き乱れる花たち。
せわしなく行きかう人びと。

大事そうに抱えられ、次なる居場所へ旅立つ花や緑は それぞれの場所で
誰かの心を慰めたり喜ばせたりするのだろう。

そして私も
大切な人のために花をえらぶ。

少しでも笑顔になってほしくて
ついつい買い過ぎて
腕がつりそうになりながら家路を急ぐ。

そんな時間を心から愛おしく思う。

もしも生まれ変わっても

また私に生まれたい!

病気はしてもいいけど、できればもうちょい歳をとってからが良いな。

そしてそして。

生まれ変わっても旦那さんと一緒になりたい。

(と伝えたら、残念ながら同意はしてもらえず。笑)

とてもとても親しい人が

かつて頼りにしていた人が

久しぶりに会うとガッカリするくらい、よくない変貌を遂げていることが

ここのところ立て続けに起こりまして。

過去の栄光にしがみついたり

他人を蹴落として自分を上に見せようとしたり

人生の後半にさしかかり、

色々衰えたり自信をなくしたり

その結果そう変わってしまうのかもしれないな。

青年期のはじめに

小さくて小さくて消え入りそうだった自己愛や自信は

仕事をコツコツ続けてきたことや

夫や夫の親族から深く揺るがない愛を注いでもらったことで

いつの間にか少しは大きくなってきたのかなと

そんな風に思う。

…あれ、あんま闘病ブログじゃないなこれ

家族の力

ここ何週間か、

詳細記すと嘆き節が止まらなくなるので割愛するが

公私ともにかなりヘビーなことが立て続けに起こり、心身のバランスをやや欠いていて

息も絶え絶えな感じの日々。

しかし。

我が家には私の帰りを首を長くして

待ち構えているひとが約一名。

ぱかっと口をあけて、母ちゃんが運んでくれる餌を

ひたすら待っているひな鳥のような?

…いやいや、大好きだし尊敬しているし

仕事の上でも生活の上でも、これ以上ないってくらい頼りにしている大切なパートナーなのですが。

何故か私みたいな面倒くさい人間を嫁にもらってくれた

若くもないのに苦労を買いにいっちゃうような勇敢な我が夫。

そして、女の趣味だけでなく味覚もユニークで

美味しいものや珍しいものを日頃さんざん食べ慣れているはずなのに

私の作るごはんが世界一美味しいんだそうですよ。

台所に立ってトンカントンカン野菜を刻んでいると

憂き世の塵もいつの間にか流れて飛んでいくようです。

なんてことない私の料理を夫はぺろりと平らげてくれて

たまに、「明日のお弁当に入れようっと」と思っていたオカズまでも知らないうちに奪われ

でも、きっと、こんな日常が

幸せってことなんだなーとおもう。

一日一日が無事に過ぎていくこと、

なにげない生活のひとこま、

微笑みかけてくれる家族の存在、

ありがたいなって心から思えるのは

病気の副産物でもあるのかな。

いつも、ありがとう。

あなたがいつでも私の一番の味方でいてくれるから

どんな苦労でも越えていける気がするよ。

たまには泣きたい日も

最近は、病気のことを考える時間は格段に減って

運動も旅行も普通にエンジョイしている。

 

緊張感が続いているときや

気温の変わり目などに

左眼にそこはかとない異物感はあって

でも、まあ二回もメス入ってるんだからなにかしらでるだろうよと

のんびり構えていられる。

 

先日、術後検診も無事クリア

結膜嚢腫はきれいさっぱり消失

さらに間隔のびて、3ヶ月後の受診でよいことになった。

 

 

うん、順調順調。

 

それなのに。

今日はなぜか、

急に泣きたい気持ちになった。

 

病気なんて、人生の中で誰もが必ず通る道で

自分だけが格別不幸なわけでもなんでもないし

ちゃんと治していただけたわけだし

 

…なんでこんなにブルーになっているのか

自分でもよくわからない。

 

ここのところ仕事がスーパーハードモードだった上に

私生活であれやこれや人の世話を焼かねばならぬことが増えて

ちょっとキャパ超えてるから

随所に余裕がなくなるのだよ。

 

 

あとは

 

業者運が悪かったり

たまたま入った美容院で

殴ってやろうかと思うほど失礼な若者に担当されたからかね

 

あ、多分それだね。

 

とほほ

 

でもいいの。

二度とあの店にはいかないし

 

美容院運やタクシー運がなくても

先生や病院には恵まれているんだもの

 

我慢我慢我慢我慢我慢!!!

見えすぎちゃった、その成果

術後の眼の状態も安定し、新しい眼鏡を作りました。

そして、見え方が良くなりすぎて苦悩の日々を過ごしておりましたが


災い転じて福となす!


汚いのとか散らかってるのとかが気になり、

小まめにお掃除、お片づけをするようになりましたわ。


旦那さんにも褒められたー❤️


(しかし、一緒に暮らし始めて数年、

こんなキッタナイ部屋で一切文句いわず過ごしてくれた旦那様…

なんて心の広いひとなんでしょう。)


こまめに片付けることは、美容と健康にも良いみたいです。

キッチンが狭く、モノがごちゃごちゃしていた頃よりも

快適に調理できるようになった結果、

お料理もとても楽しくなりました。


いまや、ほぼ毎日弁当作ってるもん。

そしてお野菜たっぷりのごはんに身体が慣れると

あまり間食もしなくなりましたよ。

万歳!


このまま、体重も戻ってくれるといいなー

(昨年は眼の調子悪く運動を控えめにしていたら、あっというまにぶくぶく太り、ボディラインが崩れました…)


よし!引き続き、片付けもお料理も頑張るぞー