読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

網膜剥離からの回復日記

40歳目前にして網膜剥離に罹患した、とある開業医の独り言

嵐のあとで

時間は誰にも平等に流れてゆく。40の声をきいてわたし自身の肌に、髪に、関節に隠しようもなく若い頃との違いが如実にあらわれている。艶が減ったり回復が遅れたりいわゆる加齢というものを感じることも増えてきた。実家に帰るたび、両親と接していると自分…

気持ちだけは完全復活

先日、3か月ぶりの検診。新しい先生もとても丁寧かつ親切。病院運、先生運が良すぎて怖くなるほどだ。気づけば再手術後一年を無事に経過。やはり年単位での安定は自信につながるのだろう、わたしの中で勝手に作動していた色々なリミッターがいつの間にか外…

また夏が来る

ようやく梅雨も明けて、本格的な夏がやってくる。私はこの季節特有の浮き足立った感じがどうも昔から好きになれなかった。どうしてこんな暗い思考になったのか自分でも不思議でたまらないのだけれど小学生の頃ですら海だ山だプールだとはしゃいでみても、そ…

またしても主治医の転勤

先日の定期検診も無事クリア。 術後約1年。 そういえば飛蚊症はほぼ気にならなくなったし (手術直後は砂嵐&もうちょいたったら墨汁が眼前をうろうろしてた) 縦のラインは多少歪んで見えるけれども、対側からの情報で十分に補えるレベル。 ときどき目の前…

もうすぐ一年

網膜剥離を発症してから、もうすぐ丸一年。 昨年の冬あたりからは 自分が比較的大きな病気をしたってことをあまり意識しなくなってきている。 街を歩く時に護ってくれていた杖とも今は離れることができて スポーツも習い事も再開した。 視力も矯正かければ日…

フラワーマーケット

今週のお題「植物大好き」 ある街の花市場。 なにかに疲れたとき、ふとここを訪れたくなる。 色とりどりに咲き乱れる花たち。 せわしなく行きかう人びと。 大事そうに抱えられ、次なる居場所へ旅立つ花や緑は それぞれの場所で 誰かの心を慰めたり喜ばせたり…

もしも生まれ変わっても

また私に生まれたい! 病気はしてもいいけど、できればもうちょい歳をとってからが良いな。 そしてそして。 生まれ変わっても旦那さんと一緒になりたい。 (と伝えたら、残念ながら同意はしてもらえず。笑) とてもとても親しい人が かつて頼りにしていた人…

家族の力

ここ何週間か、 詳細記すと嘆き節が止まらなくなるので割愛するが 公私ともにかなりヘビーなことが立て続けに起こり、心身のバランスをやや欠いていて 息も絶え絶えな感じの日々。 しかし。 我が家には私の帰りを首を長くして 待ち構えているひとが約一名。 …

たまには泣きたい日も

最近は、病気のことを考える時間は格段に減って 運動も旅行も普通にエンジョイしている。 緊張感が続いているときや 気温の変わり目などに 左眼にそこはかとない異物感はあって でも、まあ二回もメス入ってるんだからなにかしらでるだろうよと のんびり構え…

見えすぎちゃった、その成果

術後の眼の状態も安定し、新しい眼鏡を作りました。そして、見え方が良くなりすぎて苦悩の日々を過ごしておりましたが災い転じて福となす!汚いのとか散らかってるのとかが気になり、小まめにお掃除、お片づけをするようになりましたわ。旦那さんにも褒めら…

見えすぎちゃって困るの

新しいメガネが完成!矯正視力1.2の世界に久しぶりに帰ってきたよ。見える!本当によく見える。これで雨の日や夜の移動も格段にストレスが減る。しかし、見えすぎちゃうと①床のゴミや壁のシミが気になる②人の顔のシミや化粧むらが気になる③パソコンの画面で…

新しい先生、新しい眼鏡

さてさて。いまや2カ月に一度になった定期検診も無事クリア。自己診断通り、結膜嚢腫は経過観察でオッケー。視力も十分もどり、新しいメガネ作りましょうねーと新しい先生から嬉しいお言葉。(ちなみに新しい先生はとても優しい丁寧な先生。よかったー)そ…

ブログをはじめた理由

私は文章を書くことは大好きだけれども、 本を読むことがあまり得意ではない。 読書家の一族に育ったのに、 私一人が読書の習慣が身につかぬまま大人になってしまった。 (マンガ除く) こんな私でも好きな作家さんというのが数名おり、 その人の文章だった…

術後の視力回復 その2

もうすぐ定期検診なので、備忘も兼ねて。⚫︎12月中旬、術側の眼球結膜に嚢腫 直径8ミリ程度で増大傾向なし、疼痛なし。起床時など、乾燥していると軽く異物感。 時折周辺に充血⚫︎飛蚊症 小さいものがちらつくが業務に支障なし⚫︎杖は12月以降使用していない。…

さようなら2015年

今年も残すところあと20時間弱。わたしにとって2015年は、きっと一生忘れられない特別な年。網膜が剥がれて視野が突然欠けたあの日から平穏な生活は一変した。正直、事業を畳もうかという思いが頭をよぎった回数も両手両足では数え切れない。でも、本当の本…

新たな病変

この年の瀬に、大変ショッキングなことに気付いてしまいました…わたくし、網膜だけでなく結膜にも異常をきたしている模様。左眼の白眼の部分にぴょっこりと小豆大の膨らみが!そして周辺に小さな出血が!!ちょうど上眼瞼で隠れている部分なので、いつからそ…

ダイエット宣言

1回目の手術のあと、経過がかなり順調で視力の戻りもよかったので 術後一か月目くらいでかなり調子に乗って動き回っていたら 二か月少々で再発の憂き目にあった。 2回目の手術を終えてからは とにかく安静を心がけていたし 気持ち的にもあまり楽しむことが…

開業医はつらいよ

年末なので、診察室に蓄積した書類の整理整頓に励んでいたら入院中に使っていたノートが出てきた。連絡調整をしたり、患者さんに電話で病状確認したり、書類をかいたりと入院患者なのに、はたらき過ぎ…忘れていた古傷が、ちくりちくりと痛む。よくも悪くも、…

先生、ありがとう

青天の霹靂とは、まさにこのこと。先日の定期健診で主治医の口からまさかの爆弾発言。「ぼく、転勤することになりました。」!!!!!きたー!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!↑いや、真面目にこの顔文字が頭の中にスクロールしましたわ。しかし、全く予想もしていないタイ…

経過写真を見て欲しいのに

手術のあと完全にお岩さんだった患側の上まぶたも今ではすっかり元通り。あんなに腫れてたのに!!すごいな人間の治癒力。手術当日より寧ろ翌日とか翌々日にどんどん腫れてきてしまいには切開した結膜が治癒の過程で思いの外増殖して黒目のふちを覆って瞳の…

視力の回復と歪み

視神経の集まる、黄斑という部分にまでダメージがきたので視力はそれなりに落ちてしまった。主治医からは、一年くらいかけて緩徐に回復しますから、と言われてはいるのでそれに期待をしつつも、多少なりとも生活に不便は感じている。雨の夜なんかは左側から…

都内での飲食

むかし暮らしていた町で仲の良かった友人からメール。 仕事で上京するのでよかったらごはんでもご一緒しませんか、 お勧めのお店に連れていってくださいよーと。 あー、こういうときに人を欺いてる気分になる。 向こうは、わたしが都内各所の美味しいお店を…

たまには毒

今日はお仕事でとても残念なことがありました。ひとことで言うと、治療の説得の失敗。患者さんのためを思って、一生懸命仕事しているつもりだけれどもどんなに頑張っても、誠意が伝わらないことってあるんだなー。いまの治療はベストじゃない、違うアプロー…

亀田大毅選手、網膜剥離で引退

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」 これはもう、そのまんま。 網膜剥離になった自分と向き合うためのブログなので その旨タイトルにしました。 (最初は「網膜剥離闘病記」でしたが、なんかニュアンス違うなーと思って ほどなく改題したという経緯がござい…

Rest in peace,grandpa

秋晴れの穏やかな日。祖父がその長い生涯を終えて、天に召されました。商売を立ち上げて一代で財をなし、よく働きよく遊びよく飲んで、自分で予言していたぴったりの年齢まで生きた祖父。亡くなる前1年半は入退院を繰り返して身体も苦しかったと思う。それ…

闘病ブログ

数年前から、仕事上の必要に迫られて いわゆる闘病ブログを読むことが増えていました。 普段の診療所での仕事に加え、 企業の中に入って社員さんの健康管理を行う、 産業医としての仕事を並行して行うようになったからです。 臨床医として、 患者さんが病気…

少しずつ取り戻す日常

何ヶ月ぶりかに、ハイヒールを履いて街に出た。メガネをしていない自分の顔をまじまじと眺めるのも久しぶりのこと。アイメイクしたのも何週間ぶりだろう。なにせ視力の落ちている間は、段差やひとの流れがこわくて転倒→外傷→再剥離の間抜けなカスケードに陥…

サザエさん

秋も深まりつつある今日この頃。日の落ちるのも早くなり、帰り道にはジャケットの襟を立てたく…あれ…ジャケット着てくるの忘れたな今日。もともと、脳に異常があるんじゃないかと思うくらい忘れ物なくし物の名人でしたが片眼の視力がガクンと低下している今…

戻れるものなら

今週のお題「行ってみたい時代」 それはもう、迷いもなく一択で、 網膜剥離の発症前に戻りたいです。 命をとられるわけではない、 適切な処置さえすれば視力を失うことは無い。 病気自体は、現代の医学をもってすれば「治療可能」な部類に入るもの。 よい先…

揺れる想い

手術後、2ヶ月ほどで感染予防の点眼薬も卒業。治療としては一段落している時期。こういう時に緊張が緩むのか、白昼夢を見たり、夜中に病気の夢で飛び起きたりする。能天気な性格だし、「悩んでも解決につながらないことは悩まない」と決めているし、病気の…

目の愛護デー

10月10日は、眼の愛護デー。知識としては子供の頃からずっと知ってはいたけれど、今年ほど真摯な気持ちでこの日を迎えたことはなかったと思う。もっと真剣に眼のことを愛し護ることを考えた生活をしていたらこんなことにはならなかったのだろうか、と時々後…

作戦会議その三

そんなにダラダラ引っ張るつもりもなかったのに、まとまらないお話… (私の日常を象徴している!?) 主治医への感謝の気持ちのお品についての友人達との検討の結果。 1.あからさまに「贈り物」とわかるものは避ける(昨今の医療従事者貰い物受け取るのヨク…

作戦会議その二

もはや、網膜剥離の治療とは全く関係のないサイドストーリー(?)ですが。敬愛する主治医に、診察時の「ありがとうございました」という言葉以外の手段でも感謝を伝えたいなあと。同業の友人たちとの飲み会で、あーだこーだと意見を言いあいました。(キモ…

作戦会議その一

主治医のことを尊敬している。先生に出会えたのは、本当に全くの偶然。緊急入院、緊急手術から始まった治療なので、吟味している余裕なんて、一切、なかったから。たまたま運ばれた病院で、たまたまその日の担当だった、ただそれだけのご縁。でも今や私の人…

僕の好きな先生

医師なので、仕事中は「先生」「先生」と言われている私です。医師同士は二人称は「先生」と呼び合うことが多いです。これって凄く便利な呼称だと思う。年上だろうと年下だろうと、仲良しだろうと初対面だろうと、とりあえず相手が同業者なら「先生」と呼ん…

五万人にひとり

網膜剥離の発症率は、5000人から10000人に1人。そのうち90パーセントが最初の手術で回復するとのこと。…ということは。私は物凄いレアな存在ということだ!!と診療所のスタッフに鼻高々に伝えたら凄〜く嫌な顔をされましたが。なにはともあれ、…

術後の視力回復

最初の手術の時も、二度目の時も程度は違えど似たように推移しています。※あくまでもわたし個人の場合。個人差が大きいですから、患者の皆様は参考程度になさってください。【術後数日間】視力0.01の世界。目の前でちらちらする自分の指が弁別できないレベル…

裂孔原性網膜剥離

「網膜剥離になったよ」と話すと、大抵の人に「えっ、殴られたの?」などと驚かれます。しかし。多くの網膜剥離は外傷とは無関係に起こり得ます。私は子供の頃から強度の近視でした。近視の眼は前後方向に眼球が変形し、その影響で網膜が引っ張られて物理的…

人生で一番、眼科を猛勉強している。

「私の仕事は医師です。」そう胸を張ってヒト様に話せるようになるには、かなり時間を要しました。元々、大いなる夢や野望を抱いて目をキラキラさせて医学部に入ったわけではない私。落ちこぼれ気味の暗黒な学生時代を過ごしました。それでも、よき友人や先…

改題しました

最初は「闘病記」という言葉を使っていたのです。が、なんかしっくり来ないのです。手術が無事に終わった今、日常生活の負荷を減らしながら日に数回、二種類の目薬をさす生活。闘病という言葉のもつストイックなニュアンスが、どうもフィットしていない。な…

闘病記的な何かを書こうと思う。

この世に生まれてから三十数年。健康だけが取り柄のような私が、今年「網膜剥離」を患い、二度の入院と手術を経験しました。現在も再発の恐怖に打ち震えながらも、少しずつ確実に、日常を取り戻しています。こんな時、何より欲しいのは情報!同病の先輩方の…