読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

網膜剥離からの回復日記

40歳目前にして網膜剥離に罹患した、とある開業医の独り言

たまには泣きたい日も

最近は、病気のことを考える時間は格段に減って

運動も旅行も普通にエンジョイしている。

 

緊張感が続いているときや

気温の変わり目などに

左眼にそこはかとない異物感はあって

でも、まあ二回もメス入ってるんだからなにかしらでるだろうよと

のんびり構えていられる。

 

先日、術後検診も無事クリア

結膜嚢腫はきれいさっぱり消失

さらに間隔のびて、3ヶ月後の受診でよいことになった。

 

 

うん、順調順調。

 

それなのに。

今日はなぜか、

急に泣きたい気持ちになった。

 

病気なんて、人生の中で誰もが必ず通る道で

自分だけが格別不幸なわけでもなんでもないし

ちゃんと治していただけたわけだし

 

…なんでこんなにブルーになっているのか

自分でもよくわからない。

 

ここのところ仕事がスーパーハードモードだった上に

私生活であれやこれや人の世話を焼かねばならぬことが増えて

ちょっとキャパ超えてるから

随所に余裕がなくなるのだよ。

 

 

あとは

 

業者運が悪かったり

たまたま入った美容院で

殴ってやろうかと思うほど失礼な若者に担当されたからかね

 

あ、多分それだね。

 

とほほ

 

でもいいの。

二度とあの店にはいかないし

 

美容院運やタクシー運がなくても

先生や病院には恵まれているんだもの

 

我慢我慢我慢我慢我慢!!!